天皇陛下の理髪係「御理髪掛(ごりはつががり)」を勤めた理容師が教えるシャンプーの方法

先日 来店されたお客様から

テレビで 天皇陛下の理髪係を勤めた理容師さんがシャンプーの方法を教える番組をやってたけど 見た?


見とらーん😅

なので検索してみた



天皇陛下の理髪係「御理髪掛(ごりはつががり)」を勤めた大場隆吉さん(66歳)が、抜け毛を防ぐ正しいシャンプー方法を解説。

抜け毛の原因は頭皮のよごれ


抜け毛の原因は頭皮のよごれで、髪の毛の毛根の周辺に皮脂が付着し髪の毛の成長を妨げる事が原因です。

皮脂の汚れを取り除くには、正しいシャンプーの方法で毛根の汚れを洗い落とす事です。

予洗い


シャンプーをつける前の水洗いの「予洗い」で7割の皮脂の汚れが落ちる!

と大場隆吉さんは、断言しています。

予洗いのやり方


シャワーヘッドを頭皮から5センチ程近づけ、39℃前後のお湯で約3分洗います。

シャワーの水圧で汚れを落とす感じです。

※水温が高すぎると必要な皮脂まで落としてしまうので注意!

シャンプーのやり方


シャンプーは、髪の生え際から頭頂部に指を滑らせます。

コツは、髪の毛を持って空気と一緒に空気を頭皮に送る感じです。

するとシャンプーは、泡立ち始めます。

髪の毛をネットの様に使う事で泡立ちが良くなります。

シャンプーは毛を洗うのでは無く、きめ細かい泡で皮脂を落とすイメージです。

桃を触れる様な優しいタッチでシャンプーします。

すすぎのやり方


すすぎは予洗いの2倍の時間をかけます。

ドライヤー


髪を乾かすのは、自然乾燥ではなく、ドライヤーで乾かします。

距離を近づけ過ぎると温風は、100℃~110℃の熱なので、15秒でペットボトルも変形してしまう程の温風が送られてしまいます。

その為、髪も頭皮も痛みやすくなってしまいます。

適切なドライヤーの距離は、20センチで、この距離にすれば60℃~70℃の温かさになります。

ドライヤーは、動かしながら面で使うのがコツです。

8割乾いたら送風または冷風で乾かします。
すると髪の毛の艶や手触りが良くなります。



こんな感じで頭皮や髪を労ってあげれば

きっと

健やかな 艶々サラサラな髪になるでしょう☺️



ちなみに

私は 脱シャンしてますので 普段は 湯洗いのみです

毎日のことですけど 全く問題ないですね

気分的に週に一度シャンプーして リセットはしてます

もちろんスタイリング剤をつけてヘアセットした時は シャンプーしますよ

地肌の汚れ 皮脂は 最初のすすぎ 予洗いで ほとんど落ちますから

毎日のケアは 湯洗いで充分ですね👍

※脱シャンプー 湯洗いのみは個人的な見解ですので もしされるなら くれぐれも自己責任でお願いします😉







Pied de Poule Ownd

はい!Pied de Poule です (^^) 山口県の周南市福川にある小さな美容室です♪ 子供からアラフォー・アラフィフ・アラ還・アラ古希・・・ 一人一人を大切にキレイにするための完全予約制のマンツーマンサロンです♪ DO-S♪ハナヘナ♪T2sys炭酸♪ACC 使って

0コメント

  • 1000 / 1000